affordance(アフォーダンス)

affordance(アフォーダンス)について
affordance = 物事/環境が、人に与える意味や価値。(心理学者J・J・ギブソンが作った言葉)

人(動物)が主体ではなく、物事や環境によって人間(動物)の行為が引き出されているという捉え方です。
同じ物でもその価値や用途は手にする人によって生み出されていきます。
その一つのきっかけになりたいと考えています。

手づくりすること

作った物が、使う人にとって良い友になり、その関係が永く続いていくように
手づくりを通して、素材は革を使いその準備をしています。
革は使っていると味(経年変化)が出てきます。
使う人によってはじめて生かされる素材です。
人に個性があるように、同じ物でも味の出方は人それぞれ。
その使われた物を見る時が、私たちの喜びです。
その時に思いを馳せながら日々手を動かしています。

 

re:affordance(リ:アフォーダンス)

re:affordance(リ:アフォーダンス)

定番品と比べると風変わりな物を作っています。
それでも使う素材は革。
革は革でも牛が生きていた時についた傷やシミなどで定番の物には使えていない革や
制作過程で出てくる端切れを使って制作します。